2019年12月9日

京都の電車やバスが混んでいるなら、レンタルサイクルで京都市内を走るのがオススメ。



秋の京都は混む。バスなんて乗っちゃダメ


紅葉の時期になると、電車やバスを使って京都へ行く方が多いかもしれませんけど、混むのよね。あれ。

特に、紅葉シーズンのあのバスの混み方は、もう、言葉では表現しづらいほど。過去に、嵐山から京阪三条駅まで、確か1時間ちょっとかかったことがあって、もうねあれ拷問ですよ拷問。混雑がなければ、40分もあれば着くんじゃないかな。

電車で紅葉スポットに行こうってならまだしも、バスで行こうっていうのは、これはもうほんとやめた方がいいですよ。途中で降りて、歩いたほうが早いぐらいですから。

紅葉は散り始めが綺麗。シーズンの終わりかけに行くのが好き。亀山公園。

オススメなのはレンタル自転車。車が混雑していても自転車はすり抜けて走れるのが良いところ。電車やバスよりは、自転車の方がそりゃあ混雑感はないよね。あっ! 赤信号は停まらないといけないよ。

じゃあ、レンタルサイクルを利用するとして、料金はどうかと調べてみると、確かに1日1500円ぐらいかかるところもあるんですが、阪急レンタルサイクルだと、電動自転車を1日借りて420円。電動なしのママチャリだと320円。

1日でこの料金よ。1時間じゃなくて。1日、電動自転車を借りて、420円だったら悪くはないでしょう。朝は6時30分から借りれて、最終は23時30分まで。さすがに17時間も使う人はそうそういないだろうけど。

繁忙期の京都では、バスだけは乗ってはいけない。これは確かなこと。電車は渋滞しないけれども、混雑はする。自転車ならば、周りの景色を見ながら走れるし、バスの中に閉じ込められることもない。


2019年8月7日

指の部分がメッシュに 夏用のバイクグローブは安全で涼しく







グローブ無しでは運転できなくなった。


素手でバイクを運転しても道路交通法に違反しませんけれども、バイクに乗るときはグローブを着けるのが当たり前になりつつあります。

初めて運転し始めたのは高校生の頃。高校1年で原付免許を取って、50ccスクーターを運転していた頃はずっと素手。原付免許は学科試験だけで取得できますし、取得後にちょっとだけ運転を経験する時間はあるものの、教習所の技能教習ほど本格的なものじゃない。

さすがに冬は手袋など防寒対策はしますけれども、それ以外の時期には何も着けず。

素手だと、涼しいのは確かですが、汗や雨で濡れると、アクセルスロットルやブレーキレバーがツルッといっちゃうときもあって、少し危なっかしい感じになることも。

普通二輪免許を取得する際、教習所で技能教習を受けるときは手を保護するグローブなどが必須で、素手では教習を受けられないようになっています。

そうなると、バイクを運転するときはずっとグローブを着けるわけですが、もうこれが当たり前になってくるんです。

グローブを手に着けていると、運転操作がしやすく、雨が降ってもツルッとなることもない。さらに、気分的なものか運転もラクになっている気がします。



暑い夏に使える夏用のバイクグローブはどれ?


秋冬シーズンは良いとしても、夏になると分厚いグローブはちょっと嫌。

安全のためとはいえ、暑いのは耐え難い。ましてや気温35度でモコモコしたグローブなんて、、、。

暑いとグローブを着けたくなくなるわけですが、涼しい感じのグローブがあれば使ってみたい。夏用で、クールな感じのものがあればいいわけです。

そこで探してみたところ、教習所で装着するプロテクターで有名なKomineでちょうどいいグローブを見つけたので使ってみることに。


夏でもムレにくいバイク用グローブ


教習所の技能教習ではプロテクターを着ける必要があり、教習所で用意されたものを使うのですが、これがすべてkomineというメーカーのもの。

二輪車用のプロテクターといえばkomineと言っていいぐらい有名で、教習所経由で二輪免許を取った方なら知らない人はいないのではないかと思えるほど。


このプロテクター、教習所にありました

硬いプラスティック製の鎧みたいなものを着て、肘や膝にもプロテクターを着け、コケてもまず怪我はしないだろうという格好でバイクに乗るんです。

ところで、教習所に置いているプロテクターですが、やけに傷だらけになっているものばかりで、傷が付いているということは、それだけ転倒している人がいるのかと推測するのですが、コケる人はそれなりにいるんですね。



2019年7月19日

カメラ用モニターにも。三脚に取り付けられる10.1サイズの小型モニター




HDMIケーブルで接続できるモニターというと、PC用のディスプレイやテレビを思い浮かべるところですが、「もっと小さいHDMI対応のモニターはないか」と探していたところ、10.1インチサイズのものがあり、使い始めてみた次第。

デジタルカメラと接続させて、カメラに写っている映像をモニターから見るのが一番の目的でしたが、それは実現できました。モニターの電源を入れて、HDMIケーブルで接続すれば、カメラで映し出している映像がモニターで見れます。

事前の初期設定も必要なく、ケーブルをポン付けするだけですから簡単。

カメラで写っている映像はカメラ後部のモニターで見れますけれども、後ろではなく他の場所から見たい場合は外部モニターが必要になります。そういう時にこの手の小さいサイズのモニターがあれば助かります。

さらに、このモニターにはスピーカーまで付いており、Amazon Fire TV Stickを接続すれば、プライム・ビデオをこのモニター単独で視聴することすら可能です。テレビほどの豪華な音は出ませんけれども、視聴できればOKという程度でしたら満足できます。

専用モニターだとカメラと組み合わせるしかありませんが、スピーカーがあれば、他の用途でも使えるわけです。

では、続いて詳しく紹介していきます。