2020年1月31日

ゆうちょダイレクトで振り込みやペイジー払いができなくなっていた。


ゆうちょダイレクト経由で、振込やペイジーが使えなくなっている方へ。

「あれ? どうなってんの」とビックリしている方もいるかもしれませんが、セキュリティ対策で認証が追加で必要になっているのが原因です。


ゆうちょダイレクトでペイジー払いをしようと思い、サイトにログインしたところ、振込・振替のメニューとPay-easyのメニューのボタンがグレーアウトしていて使えなくなっていた。

以前まで、2019年の12月だったか、その頃は振込も普通に使えていたのに、2020年1月になって、ゆうちょダイレクトにログインして、ペイジー払いをしようとしたらメニューを選択できない。

一体どういう理由なのかと、少し調べてみたら、ゆうちょの認証アプリかトークン(乱数を表示する機械)を使っていないと、支払いや送金関連のメニューが使えなくなっていたようです。

セキュリティ対策ですね。

そのため、振込やペイジー払いができなくなっていたというわけ。

送金関連の不正トラブルを防ぐためだと思うんですけど、多分メールで、ゆうちょ銀行から通知が来てたはずなんですけども、見落としていたのか、忘れていたのか。

ゆうちょのトークンがあることは知っていたし、認証関連のアプリもあるような情報はチラチラと把握していたものの、放置していると、私のように振込やペイジーが使えなくなる。

スマートフォンのゆうちょの認証アプリの設定を終わらせると、以前のように、振り込みやPay-easy払いも使えるようになったというわけ。

トークンでもいいらしいですけど、それを使うには、申し込んで、その専用の端末が手元に届かないと使えないので、スマートフォンを持っている方は、認証アプリの設定をしたほうが早い。

ゆうちょダイレクトで、振込・振替、Pay-easy(ペイジー)が使えなくなっている方は、ゆうちょ認証アプリをインストールして、設定すると、問題は解決します。



2019年12月15日

【バイク用ハンドルカバー】見た目はダサいが、寒さと雨対策には申し分ない。


ハンドルカバー? あんなダサいもの付けないぞ。


自転車のハンドル部分にカバーを付けて走っているオバサン。あれを見て、昔は「あんなダセーもんよく使えるな」と思ったもの。

見た目がもう、年寄り臭い感じがして、好きになれなかった。

23歳頃だったか、祖母から自転車用のハンドルカバーを貰って、自分の自転車に取り付けていた頃がある。

自分で買うことはないけれど、「これ、付けたらええ」と渡されたものだから、せっかくだからと付けてみた。

時期は11月だったと思うが、「あぁ、カバーを付けるとこんな感じなのか」と、考えが少しだけ、いや、ほんのちょっとだけ変わった。

カバーが付いていると、手袋なしでも自転車に乗れるぐらい暖かい。自転車にカバーがついてると、おばさんのイメージが想起され、格好悪いのだが、あの暖かさはバカにできない。

実際に、自転車のカバーを使った経験があるわけだが、やっぱ見た目はダサい。申し分ないほどダサい。

見た目を捨てて実用性を取るか。見た目を重視して寒さに耐えるか。こうして人はトレードオフに直面するわけだ。



今使っているものがこれ。

秋冬シーズンに本領を発揮するハンドルカバー。


秋、10月になると、徐々に寒くなってくるわけですが、バイクが走ってる間、ずっと風が体に当たって寒さ感じやすい。

寒さ対策として、いろいろな防寒具を身につけるでしょうが、特に手元は寒く感じやすく、その寒さが体の他の箇所に伝わってくるんです。

ほら、手が冷えると、なんだか落ち着きがなくなるでしょう。

寒さに気持ちが奪われるというか、意識が、その悴んだ手の方に行ってしまって、他のことを考えにくくなる。

手がヒエヒエだと、本も読めないし、ゴハンも食べにくい。まして運転しているとなれば、注意力が散漫になり、交通事故に遭うことだってあり得る。

寒ければ、手袋なりグローブを付けて、バイクを運転するんでしょうけど、それでもやっぱり寒いもの。さらに、雨が降れば、手が濡れて、そこに冷たい風が当たるのだから、もうどうしようもない。

風を防ぎつつ、雨が手に直接当たらない。その要求を満たすのはハンドルカバー。風が当たりにくく(隙間から少しは風が入ってくる)、カバー無しに比べれば違いは明らか。

雨が降っている日も、手がビショビショにならない。グローブだと、使った後、1日は干さないと乾かないからね。

春や夏は、ハンドルカバーがなくても困らないけど、秋冬になると風が冷たくてグローブだけだと寒い。グローブって、想像しているよりも暖かくない。

以前は、冬でもグローブだけで走ってたけど、やっぱり寒いのよ。手がジーンと冷えてくる。

でも、ハンドルカバーを付けているからと言って、全く冷えないというものでもない。

冬用のグローブもあるけど、グローブだと人差し指と親指が出せないので、スマホを操作できない。かと言って指が出てるようだと、そこから冷えて指が悴んでしまう。

ハンドルカバーが付いていれば、指出しグローブでも何とか運転できる。手が冷えてどうしようもない、という状況にはなりにくいのだ。

見た目はダサイけど、実用性は認めざるを得ない。



ハンドルカバーを取り付けるときのコツ。


このカバーには、固定用の紐がついてる。黒い紐で、ミラーのステー部分に括り付けて固定するのだけれども、これだけだと心許ない。

ミラーに結びつけても紐が解けやすいので、結束帯、いわゆるストラップで固定している。取り外しができるもので、リリースタイラップとも言われるものだが、これでミラーとハンドルカバーを固定しておくと外れない。

道路を走行中に、「スポーン」と外れたらハンドル操作を誤りかねない。だから、簡単に外れない結束帯を使うわけ。

このように結束帯でガッチリと固定しておく。これなら紐のように解けない。

Amazonの商品ページには、
『※走行中、脱落する可能性がありますのでミラー固定用ストラップがしっかり取付られているか確認して下さい。』
と注意事項が書かれているのだが、付属の紐ではなく、結束帯で固定していれば、まず外れない。

結束帯は、ホームセンターで、30本ぐらいのセットになって販売されている。一度締めると取り外せないタイプもあるが、何度も再利用できるものもあるので、そちらを利用する。

カバーの方には、通し穴が3つあり、そのいずれかに結束帯を通して、ミラーに固定する。穴は金属で補強されていて、結束帯を付けてもカバーは破れない。


「リピートタイ」と表現されることもあるみたいだ。

グリップヒーターよりもハンドルカバーをオススメする理由。


手を温める方法としては、グリップヒーターもある。これは、グリップの部分に電熱線を仕込んだもので、スイッチを操作して暖かさを調整できるシロモノ。

ただ、グリップヒーターは、排気量が大きいバイクじゃないと搭載されてないし、小型のバイク、原付とか125 CCのバイクだと、グリップヒーターが搭載されてないものが多い。利用者自身で、グリップヒーターを取り付ける人もいるでしょうけど。

ただ温めるだけのために、そこまでしたくないと考える人もいるでしょう。グリップヒーターを取り付けるとなると、おそらく予算は20,000円ぐらいはみておく必要がある。

スイッチ入れたところですぐに暖かくなるわけじゃないし、壊れたら、修理せずに買い直しになるはず。

ハンドルカバーだったら、壊れることはないし、破れることはあるかもしれないけど、そうなったら新しいものに交換すればいい。

劣化して、変色しているハンドルカバーを見たことがあるが、変色するほど長持ちするのだろう。

変色したり、破れたとすれば、買い替えればいいわけですし、値段も、必ずしも高いものではない。グリップヒーターが20,000円だったら、ハンドルカバーはその予算で10個は買える。

このKOMINEのハンドルカバー、寒さ対策にも、もちろん役立つけど、雨が降ったときも、それなりに雨を防いでくれる。

グローブはびちょびちょになるもんね。雨に濡れると。ずぶ濡れになったグローブは気持ち悪いし、冬だと濡れたグローブに冷たい風が当たって、手は氷みたいに冷たくなる。

ハンドルカバーの材料がネオプレーンなので、ある程度は濡れるんですけど、手がビシャビシャになるほど濡れるってことはない。それなりにしっかりと雨が降っている日に使ってみたけど、小雨が当たった程度の濡れ具合。

寒さ対策と雨対策を同時にできて、値段も2,000円ちょっと。対費用効果を考えたら、これはもう買いなんです。えーもんです。

長時間バイクに乗る方。
スマホを操作するために指出しのグローブを使っている方。
冬用のグローブを買うかどうか迷っている方。
あのダサさに耐えられる方(笑)。

こういった方にハンドルカバーはオススメ。

秋冬の時期に付けてみれば、どれだけ効果があるか、身をもって実感できるよ。

グローブを探している方は、ぜひ、ハンドルカバーも選択肢に入れてみて。



見た目を我慢できれば、ハンドルカバーは良いアイテム。


使ったことがない人ほど、ダサいダサいと反応して、食わず嫌いみたいになってる。騙されたと思って、ハンドルカバーをつけて走ってみれば体で理解できる。

「何で今まで使わなかったのか」と後悔すること間違いなし。

あまりゴタゴタ手袋やグローブを付けていると、ハンドルカバーに手を出し入れしにくいので、薄めのグローブなり手袋が良い。

バイク用のグローブだと、プロテクターとか、滑り止め(?)のようなものが付いていて、手を入れたり出したりするのが難しい。引っかかる感じになる。

ちなみに、軍手だとすんなり出し入れできる。指出しのサイクリンググローブも出し入れしやすい。

ナックルガードっていう選択肢もあるけど、風は防げても雨まででは防げないから、やはりハンドルカバーの方がいい。見た目はナックルガードの方が良いのだが。

欠点といえば、やはりこの見た目。おばさん臭いというか、おじさん臭いというか、なんか年寄り臭い感じがする。

けれども、それを補って余りあるほどの実用性がある。特に秋から冬にかけて。

1度、ハンドルカバーを使うと、もうハンドルカバーを外したくなくなる。

親指のところが透明のカバーで覆われていて、その透明のナイロンみたいなものを通して、手の親指の操作状況は上から見える。

けれども、そんな指の動きなんて運転中にいちいち見るわけじゃないし、慣れるまでは、ウィンカーの操作がちょっとギクシャクするが、慣れれば大丈夫。


コミネ KOMINE バイク ハンド ルカバー ネオプレンハンドルウォーマー 防寒 保温 防風 ブラック フリー 09-021 AK-021



2019年12月9日

京都の電車やバスが混んでいるなら、レンタルサイクルで京都市内を走るのがオススメ。



秋の京都は混む。バスなんて乗っちゃダメ


紅葉の時期になると、電車やバスを使って京都へ行く方が多いかもしれませんけど、混むのよね。あれ。

特に、紅葉シーズンのあのバスの混み方は、もう、言葉では表現しづらいほど。過去に、嵐山から京阪三条駅まで、確か1時間ちょっとかかったことがあって、もうねあれ拷問ですよ拷問。混雑がなければ、40分もあれば着くんじゃないかな。

電車で紅葉スポットに行こうってならまだしも、バスで行こうっていうのは、これはもうほんとやめた方がいいですよ。途中で降りて、歩いたほうが早いぐらいですから。

紅葉は散り始めが綺麗。シーズンの終わりかけに行くのが好き。亀山公園。

オススメなのはレンタル自転車。車が混雑していても自転車はすり抜けて走れるのが良いところ。電車やバスよりは、自転車の方がそりゃあ混雑感はないよね。あっ! 赤信号は停まらないといけないよ。

じゃあ、レンタルサイクルを利用するとして、料金はどうかと調べてみると、確かに1日1500円ぐらいかかるところもあるんですが、阪急レンタルサイクルだと、電動自転車を1日借りて420円。電動なしのママチャリだと320円。

1日でこの料金よ。1時間じゃなくて。1日、電動自転車を借りて、420円だったら悪くはないでしょう。朝は6時30分から借りれて、最終は23時30分まで。さすがに17時間も使う人はそうそういないだろうけど。

繁忙期の京都では、バスだけは乗ってはいけない。これは確かなこと。電車は渋滞しないけれども、混雑はする。自転車ならば、周りの景色を見ながら走れるし、バスの中に閉じ込められることもない。